コンタクト

アドレス(URL): http://www.shinyakoseki.com/

自己紹介文

1964年(昭和39年)、静岡県生まれ。4歳よりクラシックピアノを習い初める。中学生時代にビートルズを聴いて衝撃を受け、洋楽、ポピュラー音楽に目覚める。その後、ギターを弾きはじめ、ロックやポピュラーのバンド活動にのめりこむ。高校卒業と同時に上京、R&Bやフュージョンのバンドに参加するうちに、次第にジャズに興味を持つようになり、独学でジャズピアノを習得。大学卒業後、静岡に戻り、県西部を中心に、ジャズ・ピアニストとして幅広く演奏活動を行うようになる。1990年、浜松の名門ジャズオーケストラ『BLUENOTES』に参加。以後、10年以上にわたり、このバンドのレギュラー・ピアニストとして活躍した。2001年、小曽根真ワークショップに参加。ジャズが最も輝いていた1950年代のハードバップのスイング感、ブルース、歌心といった、伝統的な要素、精神を継承しつつも、現代的な要素とオリジナリティを程よくブレンドしたスタイルを目指している。

好きなピアニストは、ウィントン・ケリー、ソニー・クラーク、レッド・ガーランド、ケニー・バロン、シダー・ウォルトン、オスカー・ピーターソン、ビル・エバンス、キース・ジャレット、ハービー・ハンコック、ケニー・カークランド、小曽根真、ラーシュ・ヤンソンなど。