« New York 短期留学 2014年秋 寮編 | Main | New York 短期留学 2014年秋 グルメ編 »

Nov 09, 2014

New York 短期留学 2014年秋 ジャズ編

ジャズピアノ弾きがニューヨークに行くわけですから、夜は当然毎晩のようにジャズを聴きに街へ出る事になります。今回は、秋の観光シーズンという事もあったかと思いますが、どこのジャズクラブも賑わっていて、予約なしでは入れなかったり、良い席がとれなかったりと、ジャズ好きとしては嬉しい反面、なかなか苦労する一面もありました。ちなみに、語学学校で「毎晩、ジャズを聴きに行っている。」という話をしたら、クレージーな変人という反応でしたが、必ずしも誤解とも言えない気はします。

■BIRDLAND

ミッドタウンにある大きな店。有名ミュージシャンが毎晩出演しています。今回は2回行きましたが、ここは是非予約して、ステージがよく見える席を確保される事をお勧めします。バーカウンターの裏側に回ってしまうと、ほとんどステージが見えませんし、音も生音はほとんど聴こえず、スピーカーから出てくる音を聴いているだけになってしまいます。

R5150965

R5151011

今回は、大好きなピアニスト、Kenny Barron とベーシストの Dave Holland とのデュオ、そして、これまた大好きなヴォーカリスト、Jane Monheit のショーを観ることが出来まして、ラッキーでした。特に、Jane Monheit は、日本では美人ジャズヴォーカリストとして売り出されている感がありますが、生で観るとそういうイメージとは全然違って、とても楽しくスイングするパフォーマンスで、やはり本物は違うなと実感させられました。

Oct. 25, 2014
Kenny Barron (p) & Dave Holland (b)

Oct. 26, 2014
Jane Monheit (vo), Michael Kanan (p), Neal Miner (b), Rick Mantalleana (drs)

R5151012

チャーリー・パーカーが愛したというカクテル、『The Yardbird Suite』を発見。もちろん飲んでみました。

■Village Vanguard

ジャズ好きにとっては超有名な老舗ジャズクラブですが、最近は観光客も多くなっているようで、予約をとらないとなかなか入れません。月曜夜恒例のビッグバンド、VJOだけは観る事が出来まして良かったです。とにかくここは、ジャズの聖地という感じで、漂うオーラからして半端ありません。地下にあるさほど大きくないスペースですが、ありえないほど抜群に音が良いです。ビッグバンドの重厚なサウンドでも、ディテールまでクッキリと聴こえる様は、驚くほかありません。

R5151036

Oct. 27, 2014
Vanguard Jazz Orchestra

■SMOKE

NYでは比較的新しいジャズクラブのようですが、今や一流のジャズクラブとして定着している感があります。大きすぎず、センスよくまとめられた空間は、音響的にも素晴らしいです。マイク・ルドーンは、スイング重視なピアニスト、オルガニストとして注目していましたが、今回、生演奏を聴くことが出来て良かったです。ハモンドはやはり生に限りますね。

R5151043

R5151040

Oct. 28, 2014
The Mike LeDonne Quartet

Mike Le Donne (Hammond B3)
Jim Snidero (sax)
Ed Cherry (guitar)
Joe Farnsworth (drums)

■Jazz at Kitano (Kitano Hotel)

日系ホテル、キタノの一階にあるジャズラウンジです。ここは初めて訪れましたが、やはり日系だけあって、小奇麗でセンス良くまとめられた居心地の良い空間でした。以前、日本で観たことがあるニューヨーク在住のドラマー、高橋信之介さんのお名前を見つけて来てみました。ヴォーカルのLisaは知りませんでしたが、普段は西海岸で活動されているようです。

R5151074

Oct. 29, 2014
Lisa Ferraro Quartet

Lisa Ferraro (vo)
John di Matino (p)
Ed Howard (b)
Shinnosuke Takahashi (drs)

■Smalls

多数のジャズクラブが集まるグリニッジ・ヴィレッジの中でも、正統派なジャズを聴けるお店として近年存在感を増している感があります。地下にあるこじんまりとしたスペースですが、ステージは意外と広く、音響も良いので、人気があるのも納得できます。セッションもよくやっているようで、僕も今回、土曜日夕方のオープンセッションで2曲ほど弾かせてもらいました。

R5151170

R5151091

Oct. 29, 2014
The "Early Bird" Session hosted by The Sacha Perry Quintet

Nov.1, 2014
夕刻
Saturday Afternoon Open Jam Session


New York Standards Quartet

David Berkman (p)
Tim Armacost (t.sax)
Michael Janisch (b)
Gene Jackson (drs)

■JAZZ STANDARD

ミッドタウンにあるお店で、一階は『BLUE SOMKE』というステーキ屋さん。地下がライブスペースになっています。1960年代前半のジャズ全盛期(後期)に活躍されたテナー・サックス奏者、ジョージ・コールマンが新しいユニットで出演されるいう事で、渡米前から楽しみにしていました。さすがにお年を召された感もあるジョージ・コールマンでしたが、音色やフレーズは、全盛期を彷彿させるものがあり、大変感動しました。今や世界トップクラスのサックス奏者、エリック・アレキサンダーとの2テナーという強力なフロント陣、なおかつ、ドラムはジョージ・コールマンの御子息という、日本ではなかなか見られそうもない編成は、さすがに素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

R5151127

R5151128

Oct. 30, 2014
George Coleman New Quintet

George Coleman (t.sax)
Eric Alexander (t.sax)
Harold Mabern (p)
John Werber (b)
George Coleman JR. (drs)

■GARAGE
グリニッジ・ヴィレッジにあるダイニングバー。夕方からずっと演奏が入っていますが、ミュージックチャージ無料なので、時間調整とか、ちょっと飲みたい時などに、気軽に訪れる事が出来ます。演奏内容自体は、決してBGMではなく、真剣そのもので、聴く事を目的に訪れる人も少なくないようです。今回の滞在で、僕は3回立ち寄りました。たまたまハロウィーンの時期だったため、店内はカボチャの置物はもちろん、蜘蛛の巣がはっていたりとか、かなり怪しい雰囲気になっていました。このお店の周辺、ハロウィーン当日の夜になると、仮装した人達が大勢集まってくるエリアになっているみたいで、実はそれを知らずに、当夜このエリアに来てしまい、大変な思いをしました。GARAGEはもちろん、他のお店もいっぱいで入れず、帰ろうにも地下鉄の駅が大混雑していてどうにも身動きとれないのです。8th Ave の 14th St. 駅まで歩いて、なんとか帰れましたが、本場のハロウィーン文化に慣れていないので、ちょっと怖い思いをしました。

R5151027

R5151032

Oct. 27, 2014
Eyal Vilner Bigband

|

« New York 短期留学 2014年秋 寮編 | Main | New York 短期留学 2014年秋 グルメ編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15589/60623772

Listed below are links to weblogs that reference New York 短期留学 2014年秋 ジャズ編:

« New York 短期留学 2014年秋 寮編 | Main | New York 短期留学 2014年秋 グルメ編 »